家作りの打ち合わせ開始!(アコルデの打ち合わせの流れ)

工務店との打ち合わせに関してですが、契約する前までは家の概要仕様と参考間取り、概算費用を出してもらう打ち合わせになります。早い所では2~3回の打ち合わせでそこまで行っちゃうかなと。そこで契約を決めた場合、具体的に家の仕様を決めていく作業になります。

これがなかなか大変で時間がかかるものでして・・・。相太達がお願いするアコルデさんではどのように打ち合わせが進んでいったかを紹介したいと思います!

スポンサーリンク

アコルデとの打ち合わせの流れ

アコルデとの打ち合わせと担当頂いた方は、大まかには下記の流れになっていきました。

【契約前】

  • 家の仕様説明・概算間取り・費用面
  • 希望条件や敷地条件などを反映した基本設計図
  • 資金計画確認(住宅ローンなど)

担当:営業Mさん、社長さん、トゥルーライフM井さん

【契約】

  • 請負契約(契約事項説明)

担当:営業Mさん、社長さん

【契約後】

  • 詳細間取り
  • 古屋解体箇所調整
  • GL設定
  • 地盤改良調査内容
  • 外部仕様(外壁材、屋根材、扉、サッシの種類と色)
  • 設備機器(キッチン、バス、洗面等の種類と色)
  • 内部仕様(床材、壁紙、ドア、ドア等の種類と色)
  • 収納、造作物調整

担当:営業Mさん、建築士I田さん、コーディネーターS畑さん

契約前

契約前と、契約後の数回まではおもに営業Mさんが対応し、予算面など区切りになる部分や、契約時、時間が取れた時に社長さんが打ち合わせに参加頂きました。

アコルデの特徴として、営業の方が施主側の意見を取り入れて基本の間取りを検討し、それを1級建築士のI田さんが確認して修正するような形になります。

間取りの修正などは打ち合わせの時に間取り作成ソフトを立ち上げてその場で修正していく場合もあるので、他の工務店やHMより修正が早かったと思います!

(ただ、この方法の弊害なのかな?修正した個所が他の図面に反映されていなかったりした時が少しありました。この辺は施主側も良く確認したほうが良いと思います)

これはどの建築会社でも言えると思うのですが、家の間取り・仕様を一番把握しているのは実は施主本人たちです!

施工会社の担当者さんはいくつもの案件を同時進行しているので漏れる場合が少なからずどうしても出てきてしまいます。

施主側の一番の理想は施工会社が把握してもらえることでしょうが、クロスチェック・有識者確認などチェック項目を増やせばその分工数は増大します。それは建設費用に上乗せされるはずですよね・・・。

それに資料に漏れがあって、施工側に責任があると言い張って施工会社の担当者さん文句を言い過ぎてもやり過ぎは施工側の意識・効率が下がります。注意喚起は必要と思いますが、過度なクレームは施工側に嫌な気分で家を建てられることになるので、良い家ができるとは思えないかな・・・。

自分達も一緒にチェックするという意識でいると後で苦労しないですよ!

また、契約時の工事請負契約約款の説明などは長くて早く終われー!と思うところですが、社長さんが冗談交じりで判りやすい説明を入れてくれたのが良い思い出です!

せっかくしっかり説明して頂いたのに眠気が襲ってきて大変だったのは申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが(笑)

契約後

契約が完了すると、建築確認申請を提出する為に最終的な間取りを決めていきます。この辺は営業Mさんが主で、コーディネーターS畑さんがアドバイスなど、細かい確認は建築士I田さんがして頂いている印象でした。

間取りが決まると建築確認申請関係、地盤調査の結果などはI田さんが説明頂き、外部仕様、設備機器、内部仕様はS畑さんとの打ち合わせで決めていきます。

打ち合わせはMさんとS畑さんが一番やり取りさせて頂きました。

Mさんは努力派で、コンセントの位置を考えるのに一緒に机に潜って頂いたりと無茶な注文にときおり困った顔をされている場合もありましたが(笑)、それでもどうにかしようと動いて頂ける方です。

S畑さんは他の先輩ブログでも出てきますが、若いのに落ち着いていて経験豊富で安心して打ち合わせを進めて頂けます。噂?のフリクションペンは勿論現役で!三角スケールを用いて図面も確認頂いてました。三角スケールを使っている姿はなんか仕事ができる人のようで憧れますね~。自分も買えばよかったかな?

他にも火災保険の担当もなさっているので火災保険の相談もS畑さんにできます。きっとS畑さんはアコルデの裏のボスだと思っています!(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク

コメント

  1. こんにちは!
    我が家が建てたころに比べて、役割分担が進んでますます盤石な感じですねー。
    仕様を一番把握しているのは施主本人というのは、確かにその通りですね!
    フリクションペン!図面を赤青で書きなぐったのが懐かしいです♪
    S畑さんが裏のボスというのも、うんうんと頷いてしまいました(笑)

    • 相太 より:

      まっしんはやぶささん
      アコルデさんの私の印象としては、まだまだ伸びしろがある工務店さんという印象です!
      建てた後の満足度は高いので、もう少しこの辺が良くなると最高なんだけどな~って
      所はあります。その辺は今後書いていくつもりです~。
      S畑さんの打ち合わせの安定度は噂?通りでした(笑)