【寒さ対策】IKEAの断熱ブラインドでは断熱効果が薄かった!

DSC_0080_R

第三種換気で一般的な戸建住宅に住んでいると、一条工務店のような高気密高断熱の家が家全体で温度が20℃近くで保たれていると非常に羨ましく思います汗

我が家は気密性を高める家作りとは真逆の考え方で、自然風を4方から取り入れられる通気性を持った家作りを狙いました。

通気性の良い家は気温が高い春夏秋では効果があるのですが、冬だけは逆効果になり寒い家になってしまいます!

そこで窓の断熱効果を高めるべく、ハニカムスクリーンを付ける事は家を建てる前から決めていました。

スポンサーリンク

ハニカムスクリーンとはどんなもの?

img_a106020_01

ハニカムスクリーンはハニカム (蜂の巣)構造のスクリーン自体の空気層が窓と室内の間に空気の層を作り出し、保温性を発揮することで暖冷房の効率を高めるものです。

img_a106020001001_02

かの有名な一条工務店さんでは標準設備とのことで、断熱の事を考えればカーテンだけでなくハニカムスクリーンを積極的に利用したいところです。

IKEAの断熱ブラインド HOPPVALSは見た目がスッキリでお洒落

ddafg

家を購入する前からずっと気になっていたのはIKEAの断熱ブラインド「HOPPVALS」。

これの一番の特徴はコードが内蔵されている為、通常のブラインドと違って上げ下げは本体を上下させればよいだけ。

見た目もスッキリだし、コードは小さいお子さんの格好の遊び道具になってしまうので、ない方が凄く助かるんです!

HOPPVALS 断熱ブラインドのサイズ展開

60×155cm
60×210cm
80×155cm
80×210cm
100×155cm
100×210cm
120×155cm
120×210cm
140×155cm

HOPPVALS 断熱ブラインドをセール時に大量購入!

我が家は引っ越す前の賃貸アパート時代からIKEAの店舗まで車で15分程度だったのでひと月に1回は訪れて、朝無料のドリンク等を飲みながら無料WIFIを使って家の情報を集めたり、家具のイメージを掴むために店舗をよく歩いていました。

そしてたまたま見つけちゃったのはHOPPVALS 断熱ブラインドのセール!!!

2017年に高さ210サイズが追加されたので、おそらく旧製品との入れ替えで安くなったのかと思います。

ddfrgg

IKEA 断熱ブラインド 60×155cm 3,499円⇒セールで1,999円 ×2
IKEA 断熱ブラインド 80×155cm 3,499円⇒セールで2,499円 ×2
IKEA 断熱ブラインド 120×155cm 4,999⇒セールで1,999円 ×3

合計 12,994円

ハニカムスクリーンを2,000円で購入できるなんてほぼ無いので、大量購入しちゃいました!

ちなみに普段はこんなセールはやってないのですが、たまにアウトレットコーナーで包装破損品としてよく40%程度で売りに出てきますので、まずはアウトレットコーナーを確認してから購入する事をお勧めします!

断熱ブラインドを取り付けた後の印象!

DSC_0061_R

IKEAの「HOPPVALS」を取り付けて1年近く経ちますが、まず良かったのは見た目です!

ブラインドを上げる紐がないのですっきりしていて、白い色は壁のクロスと溶け込んで目立たずお洒落に見えます!

紐でブラインドを上げ下げするより操作が楽なので、操作感も気に入ってます!

インテリアとしては買ってよかったと思えるものですね。

予備も沢山購入しておけば良かったかな・・・。

IKEA 断熱ブラインドの気になる断熱効果は??

では気になる断熱効果について温度を測定してみましたので報告します!

朝5時頃で暖房を付けて15分程だったので室内温度は20℃まで上がっていませんでした。

外気温度 2.1℃

室内温度 18.2℃

断熱ブラインドの表面温度

IMG_20180203_041933_R

おおお!ほぼ室内温度と同じです!むしろちょっとブラインドの表面の方が暖かいくらい。

ちなみに断熱カーテンも同じような温度でしたのでカーテンと断熱ブラインド自体の断熱効果は大して変わらないのかもしれません。

窓下のクロスの温度

IMG_20180203_041217_R

窓から離れたクロス表面温度は18℃程度でしたが、窓のすぐ下のクロスは14.8℃で温度低下していることが判りました。

その原因は・・・。簡単です。

窓枠と断熱ブラインドの隙間が大きすぎる!!!

IMG_20180203_041502_R

はい、写真を見れば一目瞭然!ブラインドと窓枠の隙間が約2cmもある為です(笑)

これでは断熱効果もかなり下がってしまう・・・。

IMG_20180203_041234_R

隙間を計ると14.2℃。部屋の温度より約3~4℃低い空気が窓下のクロス表面まで冷やしていたことが想像できます。

ちなみにレース&断熱カーテンの下側の隙間も図ってみましたが、約15℃。カーテンと床の隙間が1cm位でこのブラインド程隙間が空いていない為、断熱ブラインドより温度が高かったです。

結果から言うと、我が家では断熱ブラインドより断熱カーテンの方が断熱効果が高いと思われます!

IKEAの断熱ブラインドはサイズから想定すると、窓枠より外に設置を想定されていると思います。サイズ的に窓の外枠より少し大きめに作られているからです。

IMG_20180203_041548_R

ただ、我が家のリクシル サーモスⅡ-Hの窓枠は壁より約1cm外側に出ているのですが、この窓枠と断熱ブラインドの隙間が大きすぎるためなんですよね・・・。

IMG_20180203_041613_R

壁からブラインドまでの隙間が約2.6cm程度。後1.5cm程度までオフセットしてほしい・・・。

DSC_0074_R

IKEAさん、お願いです。この金具を調整できるようにするか、壁側に1.5cm程オフセットしてもらえないでしょうか・・・。

窓枠とブラインドの隙間が5mm程度なら結露対策の為に少し隙間があった方がよいので納得できるのですが、2cmの隙間は流石に大きすぎる。

IKEA 断熱ブラインドは断熱性能に期待しない方が良い!

価格もニトリなどとも比べても安いし、紐はブラインド内蔵ですっきりして見た目と操作のしやすさは気に入っているのですが、断熱性能としては正直残念なものだと思います。

窓枠が2cm位出ている家なら良いでしょうが、そんなに出ているメーカーもないはずですし・・・。

ハニカムスクリーンで断熱性能を求めるなら、オーダーメイドで窓枠内にスクリーンを設置する方法をお勧めします!価格は高くなるでしょうが、絶対そっちの方が満足度が高いと思いますよ。

IKEAの断熱ブラインドは、断熱性能より見た目で選ぶ方が後悔しないと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク