【新型コロナ緊急事態宣言で実感】庭付き一戸建てに住んで本当に良かった

【新型コロナ緊急事態宣言で実感】庭付き一戸建てに住んで本当に良かった

お久しぶりです。相太です。

最近ブログが停滞気味なのですが、一番の理由は新型コロナウイルス流行により、業務外でも仕事の調整に追われたのが大きいのと、このタイミングで今まで全くやらなかったNISAやiDeCo、ジュニアNISAの基本知識を頭に叩き込んで、家族3人の申し込みに追われた為です。汗

今が買い時だと言うのは判っているのですが、株式投資って難しいですね。つい底値を狙ってしまい、いつ買えばいいのか判断が難しいです 汗

まだ感染症の流行は収まっておらず、経済は止まったままなのに段々アメリカの株価が上昇している・・・。

もしや買い時を逃したかな・・・。いやいや、「2番底」があるはず。

絶えず情報が気になる。株式投資って疲れますね(笑)

私の素人な想定では、GW明け位にアメリカはもう一度下がる予測で、そこで申し込みをした家族3人のNISAの上限額を投入して、あとはしばらくほっておこうという作戦なのですが・・・。

このまま上がり続けるようなら一気に買わず毎月コツコツ積立かな。

偉そうな事書いてるけど・・・

まぁ、株式投資って一度もやったことないんですけどねっ!

スポンサーリンク

緊急事態宣言が出る前のドタバタ。

新型コロナウイルス感染症が全世界に広まり、私自身も3月中旬から後半くらいの時点で首都圏は緊急事態宣言が出されるなと勝手に予測してました。

(絶えず先回りして考えるのが好きなんです(笑) 直通線開通前に相鉄線沿線で家を購入したのも先回りの考えからでした)

その為、感染症流行の為にお米やパスタ系の食材を買い込むというより、いつも安いときにまとめ買いしているサイクルで早い段階で普通に購入しておいたので、スーパーが混雑する前に食料品は購入できていたのでそれほど買い物には苦労しませんでしたね~。

マスクも去年から元々60枚以上の在庫があったのと、実家から60枚もらったのでまだ100枚以上在庫もあるのでマスクに関しても当面の間苦労はしないでしょう。

あとは、仕事をテレワークにする為の会社間の手続き。これがなかなか大変でした。

私はSEなのですが、現在作業している常駐先の大手企業では、自宅PCを使用したリモートによるテレワークが可能です。

ところが私の会社は100人に満たない小さな中小企業。

上司は自宅PCを使用するセキュリティリスクを気にして最初はテレワークを反対!

まだ3月中旬ごろでは緊急事態宣言が出されるという温度感が薄く、上司も「そんな個人や弊社のリスクを背負ってまでやることではないだろ!」と最初は門前払いだったんです。

確かにね、私たち社員がテレワークでセキュリティ・インシデントを発生させたらうちの会社は消えてなくなる。

だがしかし! 感染症の危険度をヒシヒシと感じてきたので、人混みの嵐である新宿への通勤と常駐しているビルの同一フロアでも100人近くいる環境から逃れないと。

「勿論セキュリティ面は常駐先企業と詳細部分を詰める必要があるけど、今回テレワークは必要です!」

テレワークに詳しくない上司に機能の説明やどの辺りにリスクがあるのか等を毎回電話で説明・・・。

上司と言い争いになりながらも常駐先企業と自社の間に立って毎日調整を続けていると、1週間で世間の風向きが一気に変わり、緊急事態宣言が出されそうな雰囲気に。

そうなると上司も考えが軟化していきました。

社長からの許可も出て、緊急事態宣言が出された当日にやっと会社間の誓約書も纏まり、テレワークが可能となったんです!

うちの会社から入場している他の社員の方々からもテレワークを強く希望されていたので、無事会社間の調整が終わってよかった~。

いやぁ、ギリギリセーフでした。

緊急事態宣言が出て判った!相鉄線沿線で庭付き一戸建てを購入して本当に良かった!

感染症要望対策で時差勤務の為、朝6時前に横浜行の相鉄線に乗って、7時過ぎに新宿の職場に到着する生活を2月下旬からやっていたのですが、電車は流石に空いていて、座れます。

6時前の相鉄線はガラガラまでは行きません。先頭車両は相変わらずのある程度人が密集します。

本当はJR直通線で行く方が15分以上早く職場に到着するのですが、横浜経由のほうが仕事帰りに色々お店に寄れるし、便利なので今のところ通勤経路変更は行っていません。

息子が今年から幼稚園だったのですが、勿論入園式は延期。

3月中旬に入ると子供が遊べる場所はどんどん閉鎖されていき、もはや室内で遊べるところは皆無になりましたね・・・。

3歳の息子はまだ一人で遊ぶことができないので、鉄子が一緒に付きっきりになる必要があります。

普段なら、英語教室とか何かしらイベントに参加することで親の負担も軽減されるのですが、感染症流行のこの時期は親の負担は重くなるし、子供もストレスが溜まりそうです。

緊急事態宣言が発令された!

予想通り緊急事態宣言が出されて、ワタクシ相太も翌日からテレワークによる自宅勤務となりました。

戦争や天災でなく、感染症とは・・・。ゲーム「バイオハザード」を少し思い出してしまいます。

我が家の生活も結構変わりましたね。

テレワークが本当に良かった!

まず・・・。

テレワークを行えない業種の方には本当に申し訳ないですし、飲食店・観光関係など今回の感染症対策で大打撃を受けている業種の方にも失礼な発言になってしまうかもしれませんが・・・。

正直言いまして・・・・

テレワーク最高っす!!

一度やってみると、もう職場に行かなくていいんじゃない?って錯覚するくらい・・・。

本当に快適でした。

こんな感じでモニター2台を使用してます。

通勤時間の往復3時間が自分の好きな時間に使える!

遅刻しないように始業何分前に職場に行くという予備の時間も取る必要がなく、とにかく時間のロスがないんです。

平日は朝6時前から出勤し、家に帰るのが21時頃だったので子供に会うことはほぼ無かったのですが、自宅勤務では始業までの朝の時間に遊んでやれるのは大きいですね。

感染症が落ち着いてもテレワークは週に2日くらい取り入れてほしいです!

庭付き一軒家で本当に良かった!

まさか感染症が流行して自宅待機が推奨される生活を送るなんて夢にも思いませんでしたが、実際基本はどこにも出かけない生活を送り始めて実感したのが・・・。

庭付き一戸建てにして本当に良かった~!!!

ってことです。

子供が外で遊べる!

晴れていれば毎日庭で子供が遊ぶことができるです。

室内太陽の下で水遊びや落書きができたり、家の前の道路は車通りがほほとんどないので3輪車で遊んだりすることができます。

マンションだったら必ず家から出ないといけないですよね。

(ベランダやエントランスもありますが・・・。一戸建てに比べて自由度が低い)

食べかけで申し訳ないのですが、吉野家の牛丼がテイクアウトで安かったので購入して家の庭で食べました!

ちょっとしたピクニック気分です。

室内で子供が飛んだり跳ねたりしても苦情は来ない

マンションやアパートなど共同施設では、生活音が他の家に迷惑がかかるのですが、一軒家の場合は窓さえ閉めておけば家の中で子供が自由に暴れまわっても苦情を言われることは無いです!

息子はベッドから飛んだり家の中を走り回ったりするのですが、マンションなどでは間違いなくクレーム来ますね。

電車大好きな息子が室内で遊ぶのはプラレール!

毎日プラレールで遊んでます。

家庭菜園で癒される

我が家は土地の面積が45坪前後なのですが、家の周囲をだいたい全部で5畳くらいのスペースが家庭菜園を行える場所にしています。

自宅勤務となり、朝の時間のにゆとりができたので、毎朝家庭菜園に励めるんですよ。

緊急事態宣言の前後ではホームセンターで家庭菜園用の野菜の苗が例年以上に売れていました!

みんな考えることは一緒ですね。

こちらは玉ねぎです。まだまだこれからって感じです。

イチゴも毎年収穫できます。3年前に購入した苗から子株を取って翌年に回すのを続けてます。

緊急事態宣言が出るときにホームセンターも閉まるという情報が出たので苗をまとめ買いしたのですが、まだ夜は寒いので植え付けはせず、ポットのままにしています。

最低気温10℃くらいになってきたのでそろそろ植えようと思ってます。

ジャガイモの植え付け。息子が草木灰をつけてから植えてくれました。

今年我が家はジャガイモ、玉ねぎ、トマト、きゅうり、ナス、ししとう、ピーマン、スナックエンドウ、イチゴなどを育てています。

ブルーベリーは今年は収穫ゼロかな。。。、

相鉄線沿線で本当に良かった!

実は相鉄線は電車が数多く見れる鉄道会社なんですよ。

私鉄の中でも地味な相鉄ですが、運行本数は多いので横浜~二俣川間なら大体5分おきに電車を見ることができます。

小さな子供(特に男の子)は本当電車好きで、食い入るように電車を見るんです。

緊急事態宣言が出て遊ぶところはないのですが、相鉄線を見に行くようにしてます。いい時間潰しになるし、子供が手を振ると運転手さんは警笛を鳴らしたり、手を振り返してくれたりしますから、大人も結構飽きないですよ。

こうやって緊急事態宣言が出ても家でなんとかやっていけてます。

他の家はどうされているのかわかりませんが、少なくても我が家は今の場所に土地を買い、家を建てて住んだことに非常に満足しています!

大したことない生活日記でした~。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク