相鉄線 横浜駅改札の通勤名物「相鉄ダッシュ」は危険と隣り合わせ

相鉄線で通勤・通学に横浜駅を利用されている方ならだれもが知っていると思いますが、相鉄線の先頭車両側の横浜駅2F改札はB1F 中央通路に向かうエスカレーターが大変混雑します!

そんな相鉄線 横浜駅の通勤時によく見られる危険な光景について紹介します。

スポンサーリンク

相鉄線の横浜駅2F改札で通勤時に見られる「相鉄ダッシュ」

相鉄線の横浜駅は「1階改札」と「2階改札」の2か所あります。

横浜駅の改札機の数はとても多くて1階改札はなんと23台!

関東で改札機が並んでいる数で言うと相鉄線横浜駅が一番多いそうです。

2階改札も案内カウンターを挟んで16台と11台。合計27台あります。

いやぁ、すごい数ですよね~!

なかでも2階改札では通勤・通学時に戦場と化します!

相鉄線は直通線が開通する前までは都心まで行くのにはほとんどが横浜駅を経由することになるので、ほぼ乗り換えのお客さんばかりです。

終点の横浜駅に到着して車両を降りると、JR線・京急線に乗り換えるためにJR中央改札方面に向かう右奥の下りエスカレータに乗車客が集中するんです。

しかも朝7時の通勤時間帯は2分~3分おきに横浜駅に各駅・急行など電車が到着します。

改札出た後の下りエスカレータは道が細くなっているので人混みが集中して混雑すると人の流れが止まってしまうのですが、電車の乗客がまだエスカレータを降りきる前に次の電車の乗客が合流してしまい、ますますエスカレータ前は混雑してしまうのです・・・。

みんなそれを嫌がって、電車から降りると下りエスカレータ目掛けてダッシュで改札を走り抜けます。

エスカレータが空いていたらそのままエスカレータを駆け下り、1階に降りた後も走り続けてJR中央改札方面までダッシュする人が続くんです。

そんな姿を私が勝手に命名しました。

横浜名物「相鉄ダッシュ」

相鉄ダッシュの様子とは?

「相鉄ダッシュ」の勝利者?は下りエスカレータに先に到着すること。

先にエスカレータに向かうには色々な戦略が必要になります(笑)

「相鉄ダッシュ」に参加する乗客は先頭車両と2両目のドア側にいる方々で、皆さんドアの前をキープしたがります。

相鉄線が横浜駅に到着すると、どのホームに止まるかによって下りエスカレータへの最短経路が変わります。到着時に両側のドアが開きますが、どちらかが先に開くので、開くタイミングも重要な要素となります。

皆さん自分が乗車する電車が何番線ホームに到着し、どちらのドアが先に開くのかを理解したうえで、どの車両のどこのドアに乗るのかを決めておいてると思います。

勿論先頭車両の運転席すぐ後ろのドアが一番「相鉄ダッシュ」に勝利する確率は高いですが、乗車率も180%以上で一番高く、通勤時の不快度数もMAXです。

「相鉄ダッシュ」の勝者になる&横浜駅までの乗車時に快適に過ごせるかを天秤にかけ、先頭車両から2両目までのどこに乗るかを検討するわけです。

相鉄ダッシュの違反者たち

スムーズに乗り換えを行いたいのは誰もが一緒なのですが、残念ながら悪い考えの人もかなりいます。

相手のことを思いやる気持ちが欠落している方々も相鉄線利用者の中にいるのが残念です・・・。

各駅停車で停車駅に着くと降りて先頭車両方面に移動して乗車し直す人

私が以前通勤で見かけたのは各駅停車でサラリーマンや見た目奇麗なOLさんと思われる女性が星川駅あたりでは3両目辺りで座って乗っていたのに、西横浜や平沼橋駅に止まる際に駅で一度降りて場所を変えて平沼橋駅では1両目のドア側をキープする人がいました。

この行為は電車遅延の原因にもなりかねないのでやめてほしいです・・・。

車掌さんのアナウンスでもたまに言う人もいるんですけど、そういう違反者は大体ヘッドフォンで音楽聞いてるので完全無視なんですよね。。。

停車駅に着くとわざと一度降りて、最後に乗車する人

これもイラっとするのですが、乗車したまま奥に詰めればよいのに、わざと降りて最後に乗車することでドアの一番前をキープする人がいます。

この間大きなキャリーケースを持った女性二人が平沼駅で乗ろうとしたのですが、手前にいる人に「奥に詰めてもらえないでしょうか。」と声をかけているにもかかわらず、わざと一度降りて、キャリーケースの女性達が乗った後にドア側をキープする人がいました。

先に荷物持った人が横浜で降りた方が安全だと思うのですが・・・。

ドア横の場所に人がいるのに無理やり押して自分がドア横に着く人

2年位前に7:15分前後の各駅停車でたしか天王町駅で2両目位に乗車する人だったと思いますが、毎朝ドア横に人がいるのにもかかわらず、わざと押しのけてその場所を自分の場所にする人がいました。

その人は反社会的勢力的な方にもなく、一般の方のように見えるのですが、特徴的なヘッドフォンをつけていたので今でも覚えています。

無理やり押しのけて乗車するので2週間に1度位のペースではほかの乗客とトラブルを起こすんです・・・。

しかも自分が乗った後は絶対その場所から動かない。自分は押しのけて乗るのに、だれにも譲らないという自分勝手さ。

無理やり押すのやめてください!

真面目そうな眼鏡をかけた高校生が勇気を出して声をかけたのですが、「うるせークソガキ。」とかひどい人相で反論してました・・・。

迷惑なんです。警察呼びますよ。

勇敢な高校生がそう答えると、「呼んでみろよ馬鹿野郎」と押し問答をしてました。。。いい歳した大人が本当みっともない・・・。

その人は男女問わず押しのけるので、女性が悲鳴を上げたりもしたこともありましたね・・・。

横浜駅で一応駅員さんには何時にどこから乗車する人でいつもトラブルを起こしていると報告したこともありますが、事件にならない限りは対策が難しいようでして・・・。

私は毎朝その光景を見るのが気分が悪くなり、乗る時間帯を変えました。

相鉄ダッシュに参加しない方が良いです

私も2階改札を出た後に混雑するのが嫌なので、最初の頃は相鉄ダッシュに軽く参加していました。

でも先頭車両の2番目のドアから早歩きで下りエスカレータに向かっていたんです。

そこでよく見た光景が、転倒者が多いってこと。

1か月に1回は転倒しているシーンを目撃しましたね。

危ないので私は途中からB1F中央通路側下りエスカレータに向かわず、1Fの高島屋側から1F西口経由でB1F中央通路に入るようにしました。

それでも混雑が嫌になって、30分くらい職場に早く着くように時間帯をずらしちゃいました。

私人混み嫌いなんで・・・。

改札や構内などを走るのは本当危険です。一人で転ぶ可能性もあるし、人にぶつかってケガさせる可能性もあるので、走るのはやめた方が絶対良いです。

どうしても急ぐ必要がある人は、ジョギング程度のすぐに泊まれるスピードで小走りがおススメです。人に後ろから抜かれても気にしないこと。

歩くよりは早いですし、なにより転倒などの危険度が大きく下がります。

あと、B1中央通路に到着すると走るのをやめてゆっくり歩く人もいるのですが、それも絶対やめた方が良いです。走ってたのに急に止まると一緒に走っていた後ろの人が停まり切れず転ぶ可能性がありますから・・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク