相鉄線の田舎『西谷駅』が特急・快速停車で資産価値大幅上昇へ!

これから家を買う人は西谷駅がお得ですよ!そして西谷駅住民の方々は大喜びです!

まさかあの田舎駅(失礼な発言ですが)である『西谷駅』に特急・快速が止まる日が来るとは・・・。

相太も鉄子も正直全く予想してませんでした。羨ましい限りです!

スポンサーリンク

JR直通線によるダイヤ改正で『西谷駅』に優等列車が停車することになった!

西谷駅が劇的に生まれ変わる可能性が出てきました!

相鉄線とJR線が相互直通運転を行う相鉄・JR直通線の開業に伴い、2019年11月30日(土)から新ダイヤで運行されることが決定したのですが、その中で一番の大事件が・・・。

西谷駅に『特急』『通勤急行』『快速』が停車することが決まりました!

西谷駅ってハッキリ言って直通線が分岐する駅という以外では、お世辞にも良い駅とは言えません。

利用客数は一日平均で23,208人と鶴ヶ峰の57,607人や二俣川の38,784人などの周辺駅に比べて少ないし、駅前は何もないです。

西谷商店街は半分以上がシャッターが閉まっている状態で非常にさびれています・・・。

週末でも人の行き来は少ないですね。

駅を出てすぐ近くに畑が広がっていて、毎年相鉄線が野菜収穫体験のイベントを行っているという自然たっぷりな田舎駅なんです(笑)

ところが、今回のダイヤ改正で優等列車が停車することが決まりました。

JRや東急直通線が西谷駅に停車するのは想像ついていましたが、まさか特急や快速が停車するとは全く想定外です。

直通線に注目されがちだけど実は横浜駅⇔西谷駅間の所要時間が大幅に短縮される

11月30日のJR直通線開通に注目されがちなのですが、特急や快速が停車することで実は西谷駅から横浜駅の利便性も大幅に上がるのがポイントなんです!

今までは各駅停車で星川駅で通過待ちが無い場合で13分前後、急行・快速などの通過待ちをした場合、最大で17分程度横浜⇔西谷間で所要時間がかかっていたのが通勤急行の場合はおそらく8~9分程度で到着することになります。

横浜まで10分以内というのは不動産関係では大きな分岐点になるはずで、資産価値は大きく上昇するでしょうね。

二俣川駅よりも都心へのアクセスが良くなる『西谷駅』

今まで急行や特急が二俣川~横浜間をノンストップで最短11分を結んでいたので、距離で言えば西谷駅の方が近いにもかかわらず、到着時間は二俣川駅の方が早いという状況だったのですが、今回のダイヤ改正でそれより短い時間で西谷~横浜間がノンストップの列車が生まれることになり、交通の便だけで言えば、横浜や都心のアクセスが抜群に良い駅に生まれ変わることになります!

【新ダイヤによる通勤時の到着時間】

< 横浜方面 >

西谷駅~横浜駅間(通勤急行・特急利用) 最短 8~9分(想定時間)

二俣川駅~横浜駅間(通勤急行・特急利用) 最短 12分~13分(想定時間)

< 新宿方面(JR直通線) >

西谷駅~新宿駅間(通勤急行・特急利用) 最短 39分

二俣川駅~新宿駅間(通勤急行・特急利用) 最短 44分

実は西谷駅が始発駅になる予定の為、確実に座って横浜駅に行ける!

以前私のブログでも紹介しているのですが、西谷駅は東急直通線が開通後に横浜駅~西谷駅間の折り返し運転を行う予定です。

【西谷駅が始発!】相鉄が横浜~西谷駅間折り返し運転の可能性大!
あの西谷駅がまさか相鉄線の中で一番利便性が高い駅になるとは思いもよりませんでした。 相鉄線は星川駅の高架化が完了し、鶴ヶ峰駅の地下化が...

東急直通線が開通すると、横浜駅~二俣川駅間で運航している列車の半分ほどが都心方面都心方面に向けて運行する予定の為、横浜駅~西谷駅間の運転本数が少なくなることを防ぐため、西谷駅で折り返し運転を行う事を予定しているのです。

西谷始発の為、西谷駅から座って横浜駅に行くことができるんですよ!

ただ、各駅停車になると思います。

急いでいる時は通勤急行や特急で横浜駅まで一気に行ってしまうか、座りたい人は西谷始発の各駅停車に乗って横浜まで行けばよい。

相鉄線で最も選択肢が豊富な駅になる事でしょう。

安易に『西谷駅』で家を買おうと思わず、必ず物件比較を行いましょう!

おそらく今後相鉄線の中でも「西谷駅」は注目の駅になります!

ただ、これからマンションや一軒家の購入を考えられている人もいるかと思いますが、『西谷駅』を安易に選ぶのは止めといたほうが良いです。

西谷近辺はすでに5年以上前から土地価格は上昇傾向で、今回のダイヤ改正で通勤急行・特急・快速が止まるのが確定したことで家賃や一軒家やマンションの物件価格はさらに上昇するでしょう。でもその価格にみあった家なのかを見極める必要があります。

まずマンションに関してですが、駅から10分圏内の新築物件はほとんどありません。その為中古物件となりますが、西谷の中古マンションは決して安くありません。物件数が少ないので価格が落ちないんですよね・・・。

中古マンションを探した人も知り合いでいましたが、新幹線の線路が目の前にあって騒音があるような物件でもかなりの価格で、しかも早々に買い手がついていたそうです。

次に一軒家ですが、実際に4年前に土地を探した印象としてはマンションと同様に物件の販売総数が少なく、人気のある32~35坪程度の広さだと駅から10分程度で3000万円前後とかなり高額な印象です。

『羽沢横浜国大駅」は数年前は殆ど販売物件がありませんでしたが、直通線開通に合わせて土地や新築物件が比較的多くなってきました。ただ、西谷駅と同様に駅から10分程度で3000万円前後になってます。

また、鉄道による交通の便は物凄く良くなりますが、駅周辺の生活環境については利便性が良いとは言いづらい場所です。

買い物など、生活品をそろえるにはちょっと不便なんですよね・・・。

下記の投稿で西谷駅の住みやすさについて触れています。

【グレーシアライフ横濱西谷】横浜で家を買うのにお勧めの穴場新築とは?
2019年のダイヤ改正で西谷駅が通勤急行・特急が停車することになり、資産価値が急上昇すると思われることから俄然注目を浴びる事となる「グレーシ...

西谷駅の短所を簡単にまとめるとはこんな感じです。

【西谷駅周辺のウィークポイント】

  • 『西谷駅』周辺は山に囲まれているので徒歩15分がかなりきつい
  • 駅から徒歩5分圏内に生活に関わるお店が少ない
  • 駅前の国道16号は慢性的に渋滞する
  • 地元農家の方々は若い人が頑張っているので、農地から商業施設に転換する可能性は低い

相鉄線沿線に住んでいて西谷駅近隣の住民情報も入ってくるのですが、地元の不動産屋さんの評判があまりよくないんです。

どうも都心直通線を見越して土地の売り控えを行ったり、商店街のテナントの賃料をかなり高額に設定しているようで、家の購入希望者や賃貸希望者がなかなか手が出ない様なんです。

実際私が4年前に西谷駅に土地を探して近隣の不動産屋さんを回りましたが、たまたま担当者さんが忙しかったのか話を取り合ってくれず、「うちではほとんど物件が無いから他の不動産屋を見た方が良いよ」と言って物件を詳細してもらう事はありませんでした。

現在は大手でも中小でも、地元の不動産会社でも北海道の不動産会社でも、日本全国でREINSというシステムによって、ほとんどの不動産会社が同じ物件を共有しているんです。

西谷の不動産屋さんは取り合ってくれませんでしたが、隣駅の鶴ヶ峰では西谷駅の物件を少ないながらも提案してくれました。

また、西谷の商店街で商売をしようとした方も西谷の不動産屋さんにテナント物件を紹介してもらったそうなんですが、かなり高額で契約に至らなかったそうで、結局その方は他の不動産屋経由で西谷商店街のテナントを紹介してもらったそうです。

商売ですし、生活が懸かっているので西谷の不動産屋さんが価格調整を行うのは当たり前の行為ですし、今一番売り時なのでお客さんに困っていないのかもしれませんが、私の印象としてはあまりよくなかったかな・・・。

(4年前の話ですし、たまたま担当者さんとの相性が悪かっただけかもしれませんので実際に確かめたほうが良いかもしれません。)

私なら自分達の家の土地を購入した時に大変お世話になった不動産屋さんの『トゥルーライフ』にお願いしますね。

私達はトゥルーライフにお願いしたおかげで本当に色々助かりました。

もし不動産関係で何か依頼するならまたトゥルーライフに依頼するつもりです。

買って判った!平塚・横浜で土地を買うのにお勧めな不動産屋を紹介!
土地の売買契約手続きを進めていくにあたり、土地の詳細な情報と住宅ローンの準備と色々調べなくてはなりません。そこで安心できる対応して頂いたのが...

西谷駅の駅周辺は住宅が密集しているので開発の余地がほとんど無い為、交通の便は良くても街の発展という部分は今後も殆どないと思っていた方が良いかもしれませんが、自然が好きな人には魅力的な街ではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク