老後2000万問題を気にする人は家を買ってはいけない理由

公的年金以外に老後資金2000万円が必要と報道された俗に言う「老後2000万問題」ですが、これを巡って政府を批判したり、自分は大丈夫なのかと心配になるような人はこれから家を買うのをやめましょう!と言いたいです。

家を購入する際に自分の収入や預貯金などをしっかり把握する必要があるのは勿論ですが、お金についてしっかり学習しないと大失敗することになります。

スポンサーリンク

「老後資金2000万円」問題って本当に問題なのか?

金融庁が発表した報告書のサンプル例では、夫が65歳以上で妻60歳以上の無職の世帯の場合、毎月の平均収入は社会保障給付による約20万円で、それに対する支出は約26万円。

毎月の赤字は約5.5万円(年額66万円)の計算になります。

95歳まで生存することを前提とすると、30年間で約2000万円の金融資産の取り崩しが必要という内容でした。

総務省統計局「家計調査」より

家を所有しておらず、年収が700万円以下で預貯金が1000万以下の方がこのグラフを見て

「年金で暮らしていけないではないか!」

と思った人は間違いなく家を購入しない方が良いです。

家計を把握していなく、お金に対する試算ができていないからです。

では私がこの表を見て思ったのは・・・・

「うわ、年金ってこんなにもらえるの?働かなくても余裕で生活できるじゃん!」

逆に驚いてしまいましたよ。

我が家の家計を把握しているので、不安にはなりませんでした。

まぁ、私が年金支給額を把握していないという超お恥ずかしい事も判ってしまいましたが(笑)

ちょっと調べてみましたがおそらく今回のサンプルは厚生年金の夫と専業主婦で国民年金の妻の試算であることが判ります。

ちなみに年金支給額の平均月額は下記になります。

国民年金 単身者 55,615円

国民年金 夫婦2人分 111,230円

厚生年金(夫)+国民年金(妻) 222,283円

厚生年金 夫婦共稼ぎ 269,694円

そもそもサンプルの支出額が高すぎる

支出が約26万円。

食費が6万円???どんだけ良いもん食べてるんだか・・・。

あのー、夫婦と2歳児がいる我が家は住宅ローンの支払いを含めても毎月23万円程度で収まっているのですが・・・。

では金融庁報告書はデタラメじゃんと思うにはちょっと早いですよ。

グラフの数値はあくまで家計調査(2017年)から算出した平均額であること。

ようするにお金持ちの方々の統計も含まれているという事です。

金融庁報告書は何を伝えたかったのか?

「老後2000万問題」は年金だけでは生活できない!という事と、足りない資金は資産運用として投資を勧めていたことが報道のミスリードによって誤った解釈になっていった気がしています。

そもそも金融庁は誤ったデータ算出をしているわけでもありません。あくまで統計情報を元に老後の事を考えてみましょうという情報提供と、銀行や証券会社の収益が思わしくない事から、国民にもっと投資を行ってほしいという裏事情がある気がします。

厚生年金の加入者ならそれほど気にする必要はないですが、国民年金対象者の方は本気で老後を考える必要がありますね。

でも、実は国民年金加入者の方が家計を気にせず、投資を行う人も少ないというのが現状な気がします。

そもそも年金で生活を保障されるという誤った認識を持った人がいるという事が怖いところです。

ただ、今回の報道で我が家も改めて将来を考えるきっかけにはなったなと思います。

現状の予定では年金だけで生活は可能に思えますが、私が今の会社に定年までずっと所属しているとも限らない時代なので、やはり何か対策が必要です。

保守的な我が家ではNISAやiDeCoに手を出していなかったのですが、節税目的で行う事を真剣に考えた方が良いかなと思いましたね。(政府の思う壺って訳ですが(笑) )

年金は保険だという認識を持つ事

私の知り合いで年金を未払いの人が何人かいるのですが、その人達が揃ってこう言うのです。

「年金なんて制度が崩壊しているんだから払うだけ無駄!」

そう言ってる時点でリスクヘッジができていないし、いざというときに対応できなくて生活保護を利用したりするんですよね・・・。

年金ってあまり良いイメージが無いですが傷害年金や遺族年金など、想定外のリスクに対応できる保険なんですよね~。

たしかに将来支給額が下がるのは目に見えていますが、現状ではまだメリットがあると思います。(息子の時代には可哀想ですが・・・。それも資産価値がある土地を残してあげることでどうにか厳しい時代を乗り切ってほしいです)

家を購入するには家計の把握がとても大切

家を購入するきっかけで、営業の方の宣伝文句でもあるのがコレ。

「今住んでいる賃貸の家賃で家が買えますよ!」

家賃とほぼ変わらない住宅ローンの支払いで家が買えます。

こんな営業トークを100%信じてはいけませんからね!

戸建ての家を買ったら土地と建物の固定資産税でおおよそ年間約15~20万円(市街化区域の場合)ほどかかりますし、修繕費は35年で少し多く見積もって約500万円程度。

戸建ては35年で住宅ローンの他に合計1025万円ほどはかかる計算です。

この35年の合計額を毎月分割で支払った場合、1ヵ月で約2万4千円かかるわけです。

賃貸も家賃の他に2年ごとの更新料がかかる場合が多いですね。

家賃が8万円だとして、2年毎に更新料が16万円かかります。

1ヵ月に分割すると約6千6百円。

戸建ての家を購入した場合、住宅ローンが家賃と同額の8万の支払いだと、家賃に加えて修繕費に約1万8千円がかかる計算になります。

その辺りを把握して家購入の資金計画を建てないときっと失敗します!

老後資金2000万円問題でデモをやったり批判する人たちを見てると、本当に将来考えてるのかなぁ・・・。と疑問に思ってしまうんですよね。

我が家のリスクヘッジは家の購入にあった

ちょっと話は外れますが、実は駅から5分という好立地な場所に土地を買ったのは私の生命保険の代わりでもあります。

住宅ローン借り入れの際に団体信用生命保険に加入しているので、私が亡くなった場合は住宅ローンは無くなるし、相鉄線直通により資産価値は今以上に上がる事はあっても落ちることは無いので家を売れば何千万円という纏まったお金ができます。

その上遺族年金を受給すれば妻と息子が最低限はお金の面で苦労することは無いかと思っています。

よく妻の鉄子には

「俺(相太)がもし死んだら家を売っていいからね!再婚しても全く問題なしだよ!」

と言ってます。

自分の考えでは生きている人達の生活が第一優先です。勿論家族全員が生活できる姿一番の理想ですけどね。

再婚する時はお金目当てのろくでもない男には捕まらないで欲しいなというのが唯一の願いかな。

実は一つ困るのは妻にもしもの事があった場合。。。

すいませんが子供が成人になるまで健康でいてください(笑)

ちょっと愚痴も入った家購入のお金に関する事でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク