都心直通を控える相鉄線沿線で家を買って良かった事とは?

相鉄線沿線に住み始めて約2年。段々生活にも慣れてきました。

相鉄・JR直通線が2020年3月までには開業予定で、相鉄・東急直通線は2023年3月開業予定とここ数年では関東で一番大きな鉄道事業となっています。

工事も進んでいるようなのでこれ以上の工事遅延は今のところなさそうです。

田園都市線や小田急線等と比べると現状では地味な相鉄線ですが、実際に住んでみて良かった部分を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

相鉄線沿線に住んで良かった事とは?

相鉄線は10両編成もしくは8両編成の車両を使われていることから分かるように利用者数もかなり多い鉄道であるにも関わらず、相鉄線沿線以外の神奈川県民からの認知度は低く、利用する機会も運転免許センターがある二俣川に行く程度でとても少ないです。実際に横浜線沿線に住んでいた私自身も30歳までに免許を取りに2回相鉄線を利用した程度でした・・・。

でも住んでみると実はなかなか良い鉄道だと実感してきたのです。

相鉄線沿線のどんな良い部分があるのか紹介してみますね。

土地価格相場が低いので賃貸・住宅価格がお手頃な事!

やっぱり一番の理由はここかな。

都心に直結していなかった為か、土地の相場は神奈川から都心に繋がっている鉄道の田園都市線、東横線、東海道線などに比べると価格が低いんです。

SUUMOが土地相場というものを公開していて、SUUMOが物件情報より独自に算出した土地価格相場情報とのことです。おそらく販売実績がある情報を元に作られているデータとは思うのですがあまり物件が出ていない駅に関してはデータが少ない為、実際の価格と異なる場合があります。それでも戸建てやマンションを購入する際の一つの指標になるデータだと思いますので紹介しますね。

田園都市線の土地相場

SUUMO土地価格相場情報より引用~

主に神奈川県の駅に絞って上記に記載しましたが、坪100万を下回っている駅が少ない!流石人気のある路線ですね!

小田急線の土地相場

小田急線は都内の途中から新宿まで40分程度の町田付近までを紹介してみました。都心に一番近い神奈川県にある登戸駅で124万は田園都市線に比べたら低いですね。小田急線沿線は価格で見ると魅力的かもしれません。

相鉄線

われらが相鉄線ですが、坪100万越えが4駅しかない!(笑)

まぁ実際には駅近くの土地は横浜や平沼橋は坪150万でも買えない価格でしょうからちょっと違う部分もありますが、他は私達が実際に土地探しをした際の価格帯と大きく差はないと思います。

(駅までの距離や土地の広さ、立地など色々な要素で土地価格が決まるので、大体の平均価格として価格差がないということです)

都心直通線で影響が出る駅は西谷、鶴ヶ峰、二俣川、希望が丘、三ツ境、瀬谷辺りまでといずみ野線の各駅でしょうね。他は横浜経由か小田急線経由の方が早いので。

相鉄線は土地価格相場が低く、利便性に関しても短所が少ないというのが大きな魅力ですね。

家を購入するにしても、賃貸価格にしても、価格が低いので助かりますよ!

駅から5分の家のおかげで雨に濡れなくなった!

我が家は土地を購入してローコストながら注文住宅で家を建てました。

現状では都心の職場までドアツードアで1時間半なのですが、駅から近いおかげで雨で服が濡れることがほとんど無くなりました!前は大雨が降ると服まで濡れて玄関で脱いでいたのですが、それが今では一度もないです。

前に住んでいたアパートは最寄り駅が渋谷まで所要時間20分というところで駅自体は魅力的でしたが、駅から徒歩25分とかなり駅から離れていました。雨がひどい時や雪が降った日はバスを使ったのですが、そういう日は時刻通りバス来ないもんです(笑)

あと、旅行などで始発近くの電車を利用したい時はバスの始発がなかったのでスーツケース引きながら頑張って歩きました。

駅から近くの物件を購入できたのは相鉄線の土地相場が低かったおかげです!

人気のある路線で我が家と同じ土地の広さで駅から5分の場合は建売でも6500万を超えると思います。相鉄線、ありがとー!

横浜駅へのアクセスが良い

20年くらい前の私が学生の頃は横浜駅周辺の開発も中途半端で、空き地が広がっていたこともあり、渋谷や新宿に魅力があったので殆ど横浜駅に遊びに行くことは無かったです。

しかし今は違います。みなとみらい地区の開発も進み、子供から大人まで楽しめる施設が充実しています。

相鉄線は始発駅である横浜駅をとても重要視していて、横浜から二俣川までの速達性が高く特急・急行・快速と普通列車がほぼ交互に発車するダイヤが組まれています。

他の鉄道は普通列車が多く、急行などの本数は少ない為、相鉄線はある意味特殊だと思いますね。

二俣川から横浜まで9駅あるにも関わらず急行・特急はノンストップ約11分で結ぶ列車が数多く走っているので横浜まで時間がかかる印象は殆どありません。

海辺を開発した地区は道も歩道も広く子育て世代にも安心して歩ける場所なのでちょっと街に出て遊んだり、買い物するには横浜はお勧めです!

我が家も月に1回は週末に横浜駅周辺に出て買い物だった李子供の遊び場だったり、弁当持って海の近くの公園でランチをしたりと横浜生活を満喫しています!

よく行くのはベイクォーターと赤レンガ倉庫付近かなぁ~。

都心直通線が開通すると鉄道事故の際の迂回ルートが多い

相鉄線を利用していると判ったのは、意外と鉄道事故の回避ルートが多いのではないかという事。

都心直通線が開通していない現時点での相鉄線以外の横浜駅への迂回ルート

相鉄線が車両故障や人身事故で止まってしまうと振り替え輸送を利用して他の交通手段を使うことになりますが、鶴ヶ峰から横浜駅までの駅を利用している人はバスが便利です。

鶴ヶ峰から西横浜にかけて国道16号が相鉄線に沿って走っているのですが、駅から離れた地域に住む方向けの横浜行のバスが数多く走っています。その為相鉄線が止まっても待ち時間が少なくバスに乗ることができました。

二俣川以降に住んでいる方は海老名・大和・湘南台からの小田急線か、湘南台からの市営地下鉄を利用して迂回する形になるかと思います。

都心直通線開通後の横浜及び都心迂回ルート

都心直通線ができると迂回ルートが多彩になります!

既存の横浜駅へ向かうバス、市営地下鉄、新宿経由の小田急線のほかにJR直通線、東急直通線がルートに加わります。

二俣川を基準に考えてみますね。

都心直通線開通後の二俣川から新宿までの通勤を例にすれば、通常はJR直通もしくは東急直通線で通勤することになります。

JR直通線(横須賀線)、東急直通線(目黒線)でもし事故が発生しても横浜経由で東横線、東海道線、京浜東北線、京急線を利用すれば新宿まで行くことができます。

二俣川から西谷間で障害が発生しても大和駅乗り換えの小田急線で新宿まで行けます。

ルートが複数選べるので、駅で待ちぼうけしなくてもどうにか目的地に到着できそうですね!

東急直通線が開通すれば新幹線利用がしやすい

現状の相鉄線で本当に困るのが、東海道新幹線を利用するのが物凄く時間がかかる事です。

神奈川県に住んでいる方のほとんどが新横浜駅から東海道新幹線を利用するのですが、相鉄線の利用者は電車で新横浜に向かうには横浜駅まで一度出てから横浜線で新横浜駅に行くか、大和から小田急線で町田まで行き、横浜線に乗り換える必要があります。

他の鉄道でも新横浜に行くのに時間がかかる場合はあるのですが、相鉄線は直線距離でいえば新横浜は近いのに、大回りして乗り換えしないといけないのがイラッとさせる要因だったのですが、東急直通線ができれば二俣川から約12分で新横浜に到着します。

羽田空港へのアクセスが比較的良い

これも大切な要素ですが、羽田空港までのアクセスもそこまで悪くはありません。こちらも二俣川を基準にして考えます。

鉄道を使うと二俣川まで約12分で横浜に出て、京急線に乗り換えて約30分で羽田空港に到着します。乗り換えを考えると二俣川から約1時間程度かかる計算になります。

実は高速バスだと二俣川から羽田空港第一ターミナルまで約40分で到着します!ただ、現状は保土ヶ谷バイパスの渋滞がかなり激しいので到着時間が遅れる可能性もあるので時間に余裕をもって利用をお勧めします。

子育て施設に余裕がある

残念ながら現状では相鉄線沿線は現在の子育て世代に人気があるとは言えません。古くからの街が多く、新規開発が難しいのでマンションなどが新たに建設しにくい為、港北地区など人気がある地域に比べると子供の数は少ないからです。

しかし横浜市では地域子育て支援拠点事業に力を入れています。各区に子供が自由に遊べる広場を設け、誰でも無料で使う事ができます。

実際に旭区や保土ヶ谷区も施設を利用していますが、そこまで人が多い印象はありませんね。たまに港北の子育て向け施設を利用したりすると人の多さに驚きます。

横浜の各地子供ログハウスにもよくお世話になってます。

ちまたで話題になるのが保育園事情。若い人たちが沢山住む人気のエリアは保育園や幼稚園の競争倍率が高くて苦労しますよね。

相鉄線は1日の利用者数25000人以下の少ない駅なら保育園に入れるのは苦労しないでしょう。海老名、瀬谷、大和、二俣川駅周辺の比較的街が大きいところの保育園事情としては駅周辺の保育園は人気があるので競争率が高く倍率は10倍以上のようですが、それ以外の地域は比較的入れやすいと思いますよ。

相鉄線沿線が住むのにお勧めなのは総合的な利便性です!

土地や家の価格帯で見ると小田急線や、ここで紹介していない京王線などは都心直通している路線な割に低い金額なので狙い所ではあるのですが、相鉄線が良いところというのは複合的な要素でプラス面が大きいのです。

横浜駅に近く、鉄道は都心まで複数ルートで行けるし、新幹線や飛行機の利用にも比較的便利。車では保土ヶ谷バイパスを使えば高速道路にも出やすいですしね。

他の路線では中々すべてはクリアできないですよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク