相鉄線の社運を賭けた新型12000系が大きな宣伝効果を生む理由

相鉄グループの相模鉄道が2019年春に開通予定の相鉄・JR直通線にて使用する新型車両「12000系」を発表しました。

今回の相鉄線新型車両発表は実はすでに導入済みの20000系よりある意味重要な役割を持った車両だと思っているんです!

スポンサーリンク

相鉄・JR直通線用新型車両12000系

車両の開発コンセプトを「安全×安心×エレガント」とし、前方監視カメラと車内防犯カメラを初めて採用した先進的な車両です。

基本は今年2月にデビューした「20000系」のコンセプトを踏襲し、先頭形状は、代表的な能面の1つである「獅子口」をイメージした力強いデザインで、横浜を象徴した濃紺色(YOKOHAMA NAVYBLUE ヨコハマネイビーブルー)で車体を塗装しています。

内装も「20000系」の仕様を踏襲し、落ち着きのあるグレーで統一してあり、広々感を出すために透明素材(強化ガラス)を使用した座席端部の仕切り板・貫通路・荷棚。

時間帯で色調が変化する調色調光式のLED照明を採用しています。

立ち座りを容易とする、「ユニバーサルデザインシート」とした優先席や。座席下部に大型の荷物も収納可能)を先頭車以外の優先席・一般席に導入し、全車両に車いす・ベビーカー用のフリースペースも設置されます。

さらに「ナノイー*」搭載の空気清浄機や駅に長時間停車する際にお客さまがドアの開閉を行える「個別ドアスイッチ」を導入など、子育て世代や高齢者等全ての人に優しい仕様となっています。

相鉄新型車両12000系は広報車の役割を担う

私は相鉄線住民で、勿論相鉄線を愛しております(笑)ので相模鉄道が今後利用者数を伸ばしていってほしいという強い願いがあります。

(あわよくば我が家の資産価値が上がってほしい・・・)

そんな下心は別として、今回相鉄線が社運を賭けたといってもよい相鉄線都心直通計画ですが、素人の私からしても凄く作戦を練った計画ではないかなと思っています。

2020年3月以降にネイビーブルーの12000系が世界一利用者数が多い新宿駅を発着する!

私が12000系に注目しているのは予定通り相鉄・JR直通線が2019年度下期に開業することになれば2020年3月以降に、世界一利用者数が多い新宿駅へ12000系が発着する事なんです。

相鉄線を毎日利用していると「YOKOHAMA NAVYBLUE」に塗装された車両が20000系と9000系を合わせて5編成が相鉄線を走っているので見慣れているのですが、実はこの濃いネイビーブルーの車両は凄く目立つんです!

2018年2月から運用開始した20000系は他社と違った外観で格好よくて注目度が高く、実際に相鉄線を利用していても鉄道に詳しくないと思われる一般利用客でさえ20000系をスマホで撮影する人がたくさんいました。

最近のJR車両はステンレス車にラインを入れるだけのカラーなので、昔のブルートレインを思い出すような全体が濃いブルーの色はJRの線路を走れば間違いなく注目されます。

相鉄線が新宿駅を発着する宣伝効果はとてつもない事!

「YOKOHAMA NAVYBLUE」は一見暗い色でなんで採用したんだろうって思う事もあったのですが、おそらく都心開通後に渋谷や新宿に見知らぬ電車が走っている!と思わせる意味での計画的な採用だったのではないかと思っています。

新宿駅全体の日平均乗降者数は約347万人ですからね!

沢山の人が濃いブルーの車両を見ることになるわけです。

都心に職場があるサラリーマンやOLの中のマイホーム購入希望者が相鉄線車両を目にすることにより、今まで知らなかった相鉄線を知ることになり、比較的家賃相場や住宅価格が低い相鉄線沿線の住宅へ注目することに繋がります!

JR直通線は宣伝効果が高いけど、都心直通の本命は東急直通線!

相鉄線の都心直通線は埼京線の線路へつながるJR直通線と目黒線へつながる東急線の二つがありますが、運行本数から見ても判るように、東急直通線が本命となります。

今まで相鉄線は神奈川県に住んでいる人以外にはほとんど知られていないような知名度でしたが、JR直通線が開通すれば間違いなく人々に知られていくと思います!

東急直通線が開通する2022年頃には相鉄線沿線の戸建てやマンションの住宅販売も活発になっていくと想像できますね。

障害発生時の迂回ルートが多くなる!

何気に凄いのが相鉄線の都心直通線が全線開通すると、相鉄線の二俣川駅以降に住んだ場合は都心へ向かうルートがJR線経由・東急線経由・横浜経由・大和・海老名・湘南台駅から小田急線経由と4ルートできることになるんです!

人身事故や車両故障で鉄道が止まっても帰宅難民になる確率が低くなる可能性が高いのも相鉄線の新たな魅力かもしれませんね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク