家購入の総費用5000万円は人生のボーダーラインか?

家を購入する時に頭を悩ますのが予算ですね。関東地方で家を探していくと気が付くのが、5000万円の壁です。建売やマンションでも5000万円以下は一般家庭向け、5000万以上は付加価値がある高所得者向けの物件が多くある事が判ってきます。

面白いくらい結構綺麗に判れてると思うんです(笑) そんな5000万円の壁についてが今回のネタです。

スポンサーリンク

家購入を検討始めた当時の総予算は5000万円だった

関東や名古屋、大阪などの日本の主要都市で家を購入しようとすると、建売やマンションで5000万円に近い価格表示は比較的多く見受けられます。

大体広告表示だと「4500万円~」等と記載されています。

変ですよね~(笑)

関東で交通の便が良く、程々な土地の広さで、家の形状も悪くない、普通に良いな~と思う建売やマンションはどれも4900万とかなんです。

どこもそんな価格表示だと、家って5000万が普通じゃないかと錯覚してくるんです。

相太達も最初に戸建ての家を検討し始めた時、当時住んでいたアパートの近所に売り出される建売の家の価格帯がなんとなく4000万~5000万でした。

でも今考えると、なんで5000万の予算が妥当だと思ったんだろう・・・。

通勤を考えなければ、首都圏から約1時間程度の郊外なら駅近くで30坪程度で4000万以下ってあると思うんです。5000万ってけして安くないですよね・・・。

多分共働きで夫婦のペアローンじゃないと払っていけない金額です。

価格が高いのにそれが普通だと思わせる、なんか販売側のマジックを感じさせられます。

5000万円以上の価格帯の家は付加価値が付いている

建売物件で5000万を超えてくると、大体お決まりな仕様になってきて、建物の外観が良くて2×4で床暖房付きで駐車場2台の32坪程度。売り出すときは外構、植栽まで終わった状態でデザイナーが景観まで考えられた素敵なオウチです。

このクラスになると年収800万円を超えた世帯向けな気がしていて、販売完了後に入居された後に見ると外車かアルファードなど高級志向な車が止まっている家が多いです(笑)

昔でいえば田園都市線のあざみ野、たまプラーザとか、最近では横浜市営地下鉄のセンター北、センター南あたりの家が高級志向ですね~

5000万円って家の価格は一般人と高収入の人のボーダーラインなんじゃないかなーと思う訳です。

首都圏から近くて安い建売について

相太達が近所の建売物件をネットと実際に売り出されている物件に内見したときの状況をちょっと紹介しますね。

私達が家を捜したのは東京の主要駅から電車で40分圏内の実家から近い神奈川県内でした。

建売で3000万円代の家

私達が内覧した家で安くていいなって思った3800万円の家がありました。

  • 渋谷まで17分の駅
  • 駅まで徒歩35分(バスだと駅まで10分でバス本数も通勤時間帯は5分おき)
  • 駐車場2面
  • 土地35坪
  • 2階建て(3LDK+納戸)
  • 傾斜地の為、駐車場から玄関まで15段位の階段

全部で6棟位売り出していて、最初の売り出し価格は4200万だったが3800万円まで価格を下げ、交渉次第ではあと100万くらい値下げできるような営業さんの口ぶりでした。

駅から遠いけど、駅まではバスが沢山あるし、渋谷まで17分で通勤時間は悪くない。

ただ、建物は今思えば窓は低グレードのアルミだし、最低限のローコスト住宅といった感じでした。

諸費用込みで4000万前後なら悪くないかな~と思って結構本気で考えましたね。

将来の資産価値を考えてみた結果

なんども頭の中で3800万の建売に住んでみたシュミレーションをしてみたのですが、住む環境的にはそんなに悪くないし、家の価格が当初の予算より1000万程抑えられて負担も少ないから悪くないとは思いました。

ただ、、、もし何かあって、家を売りたいと思った時に欲しい人がいるかどうか。

これから人口減少で家が余ってくる時代に駅から35分の家を買ってくれるか。

自分ならそんな駅から遠い場所をわざわざ選ばない。

売却価格はどの程度だろうか。

10年後に売ったら2500万程度。30~40年後には1000万円程度の価値しかないのではないか。

そう思ったんです。

家を売買するのに勿論仲介手数料は払わないといけないし、引っ越し費用なども含めたら家が1000万で売れても実質は900万円以下

4000万円で購入して、ローンが払い終えた時に900万円しか残らない。

これってなんか悲しい気がしてしまって・・・。

じゃあ賃貸でもよくないか?ってね。

あと、SUUMOなどで中古の戸建て物件を見てて怖いなと感じたのが、築年数が10~15年程度で大手ハウスメーカーで建てた家で外観は結構素敵なんだけど、駅から20分以上で価格が付近の新築と変わらない4000~5000万近い中古物件。

ハッキリ言って売れてません。

そのような物件は大体が掲載されてから半年以上経ってます。

築10年~15年といえば外壁など修繕費がかかる時期。付近の新築と変わらない価格帯。そんな物件を買おうと思う人はいませんよね・・・。

駅から離れている土地と、建物費用にお金をかけると、もし売却するときに大変ですよね・・・。

我が家の家の価格の考え方

私達の家は土地と建物合わせて5000万を超えた価格です。

ハッキリ言って5000万を超える金額は私達にとって無茶苦茶高いです!!

でもなんでそんなお金を出して購入したかというと、家が保険的な目的だからです。

駅から徒歩5分、首都圏まで45分内、土地は40坪以上。相鉄線の直通線が開通すれば利便性が高まる地域。

需要があるはずの売れる土地にしたんです!

お金に困ったら悩まず家を売却する。それが大前提です。

相太がもし仮にポックリ旅立っても住宅ローンは無くなるし、家を売れば最低でもおそらく2500万以上は残るはずです。鉄子と子供だけになっても一応なんとかなるはず。

なので生命保険などは最低限にしてるんです。

もし購入金額が安い家を買ったとしたら万が一の時、売るのに苦労します。家を売るほとんどの理由がお金に困っている時。売れないとお金が入らず困るので売るのに時間がかかるなら価格を下げるしかありません。

でも我が家なら駅から5分の土地なので売るのに困らない。

考え方は人それぞれとは思いますが、もし都心に近くて5000万前後の予算で家を買うなら、絶対駅から15分圏内にすべきだと思いますね~。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク