【とにかく残念!】DIYポリカ2重窓を付けたら室温が下がった話

今年は最強寒波が来て我が家の外の最低気温は過去最低のマイナス6.5℃を記録しました!

我が家のリビングの室内温度も最強寒波の影響で前日の夜は20℃あったのですが、エアコン切った後に朝方7時前に室内温度を見てみると12℃まで下がることが多くなりました。

うーん、できれば我が家も朝時点で14℃位まであると全然体感温度が違うので嬉しいんだよなぁ・・・。

窓にDIYでポリカ窓2重窓を設置しているブログはたーくさんあるのですが、体感で暖かくなったとか位で実際に室温が上がって効果があったかどうかまで紹介されている所は皆無。

今回は我が家でポリカ窓を設置した室内温度結果ををお伝えします!

スポンサーリンク

ポリカーボネートとは?

ポリカーボネートとは強度、耐熱、透過性に優れたプラスチックの事です。

CD・DVD・BDやサングラス等の日用品から、カーポートの屋根など屋外の素材としても使われています。

簡単に特徴を纏めてみました。

割れ難く高い強度

ポリカーボネートの耐衝撃性はABS樹脂の5倍、塩化ビニール樹脂の10倍、ポリエチレンやアクリル樹脂の50倍、一般的なガラスの250倍もの耐衝撃性を持っているそうです。

難燃性と耐熱性が高い

火元を離せば自然に火が消えていく自己消化性を備えており、火災の時にも、有毒ガスが発生しません。また耐熱性にも優れているということで、ポリカーボネート素材の食器類は電子レンジや、食器洗浄機の使用も可能です。耐熱温度はおよそ120〜130°C程度です。

ガラスに迫る透明度

光線透過率はガラスに迫る86%以上(ガラスは92%)でカメラレンズにも使用されるほどの透明度です。

ポリカを使った2重窓キットが売られている

ホームセンターでもDIYで2重窓を作成できるキットを売っていたりします。上下の窓枠レールとポリカのセットになったもので、引違い窓(幅250~900mm×高601~900mm)用に1万円前後で売られています。

レール単品でも売られているので、DIYが好きな人ならポリカ単体とレールを購入してDIYされるのも良いかと思います。

カーテン、ブラインドのない窓にポリカを付けてみる

IMG_20180203_151138_R

ホームセンターでポリカーボネート板を捜してみると、1820X910のサイズでハモニカーボという製品が多く売られているのですが、一番安い3mmの厚さのものが売り切れ!

ホームセンターを4件位見て回りましたが、どこも売り切れでした・・・。

寒い日が続いてどうにかしたいと考える人が沢山いたという事ですね(笑)

厚さ4mmとなると2000円位になるので皆さん3mmを購入されます。今回我が家はまずは実験として4mmのものを1枚購入してみました。

oodkfa

リビングの3か所の窓は細長い窓で、カーテンやブラインドを設置していません。窓から熱を奪われている事が想像できるので、ここにポリカを設置して2重窓にしてみようと思います!

DSC_7658_R

リビングに縦長の23×150cm×2の縦滑り窓

DSC_7665_R

キッチンの横長23×116cmの滑り出し窓。

部屋でポリカをカットしてみましたが、意外と面倒です。まずポリカをカットする為に定規などの平行なものを使いたいのですが、1mもの長さの物ってないですよね。

IMG_20180217_061039_R

私は収納の棚を定規に代用しました(笑)

カットするコツは、縦にカットする時は最初はそんなに力を入れず溝を入れるようなイメージでカッターを入れ、その後は何度も同じ個所をカッターでしっかり力を入れてなぞる事。怠けて数回でカットしようとしたりするとちゃんと切れず切断面が汚くなります。

横方向のカットは硬いのですが、何度もカッターを当ててある程度の深さまで掘れれば、後は手で押せばパキッとカットできて簡単でした。

DSC_0081_R

まずは実験的な感じなので、窓枠をつけず単純にポリカをはめ込んだだけです。しっかりはまったのでレールを付ける必要ないかもって思っちゃいました(笑)

これを3枚の窓に設置して、エアコンを消した後の温度変化を確かめたいと思います。

ポリカの2重窓を設置した結果は???

今回設置したポリカ窓は下記になります。

  • 縦長の23×150cm縦滑り窓を2枚
  • 横長23×116cmの滑り出し窓を1枚

合計6118㎡の面積を2重窓化されたことになります。

外気温と窓とポリカの表面温度

まず外気温がマイナス3.2℃で室内温度が12℃でした。この条件で窓とポリカの表面温度を比較してみました。

IMG_20180208_062507_R

4.2℃です。やっぱり窓は冷たいですね~。窓はサーモスⅡ-H Low-E 複層ガラスです。

IMG_20180208_062532_R

窓枠の窓の内側の樹脂部分はなんと1.8℃。冷たい~( ノД`)

IMG_20180208_062407_R

そんな中、ポリカの表面温度は10.8℃!凄いぞ~!!!これなら絶対ポリカ窓設置したほうが良いに決まってるじゃん!!!

夜の11時にエアコンを止めて、朝6時頃の室内温度の結果

めちゃくちゃ期待してポリカ窓を付けていない時と付けた時でできるだけ同じ条件で室内温度を確認してみました。

【測定条件】

  • 昼間の外気温は最高気温10度以下
  • 天候は晴れ
  • エアコン設定温度は21℃で夜の11時に停止。
  • 朝の外気温はマイナス3℃以下。
  • 朝6時前後の部屋の温度を測定

ポリカ窓を設置していない時の室内温度

IMG_201dfes_041845

朝の7時前でマイナス5.1℃の外気温で室内温度は12.1℃でした。

ポリカ窓を設置した後の室内温度

1518824437611

朝の6時過ぎでマイナス3.4℃の外気温で室内温度は11.9℃でした。

そ、そんな馬鹿な・・・・。温度が下がってる???

まてまて、一日じゃわからん。誤差の範囲内だ。次の日も見てみよう。

ddafhh

朝の6時過ぎでマイナス4.5℃の外気温で室内温度は11.8℃でした。

やっぱりポリカ窓を付けてない時より下がってる!!

この後も数日確認してみましたが、同じような結果に・・・。

室内温度が低下した原因を考えてみた。

温度が下がった原因を通勤時に考えていて、一つ思い浮かんだのはポリカの設置位置。

ガラスの表面から10cm位離した窓枠の室内側にポリカ板をはめ込んでいました。

IMG_20180208_220536_R

これだと窓とポリカの間の空気層の温度が下がるのでは???

そう思って早速温度を測定してみました。

IMG_20180208_062416_R

ポリカ板のカットが適当でまっすぐ切れず、ちょっと隙間が空いている箇所があったのでそこに手を当てると、あきらかに冷たい空気が入ってきている!

温度を測定してみると・・・。隙間から5.2℃の空気が出てきている!

そうか、窓とポリカの間の空気層の空間が大きいから冷たい空気層が出来て、逆に家の窓枠などを冷ましてしまっているのではないか??

DSC_0083_R

そう考えて、今度は窓ガラスとの隙間を無くしてはめ込んでみました。

その後、室内温度を確認した所・・・・。

ttyyui

変わってない(笑)

うーん、ポリカの2重窓って効果ないのかな・・・。

ポリカ板を設置したほうがガラスから温度を奪われることはないはずなので、効果はあるはずなんですよね・・・。

もしかしたらポリカ板を設置したおかげで部屋の気密性が上がり、給気口から冷たい空気を多く吸い込んだ為に温度が低下した?と思って試しに第三種換気の給気口も閉じてみましたが、温度変化は見られず・・・。

細長い窓だけでは結果が薄いのかもしれません。カーテンをしているとはいえリビングの掃き出し窓など大きな窓も対策したら効果があるかも?

このままでは悔しいので、もう少しチャレンジして結果を報告したいと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク

コメント

  1. お風呂や洗面室などをDIY二重窓にすることに興味があったのですが、この結果は本当に驚きですね。どのような理屈なのかとっても気になります。窓の断熱対策って難しいですね・・・
    ちなみに、このポリカって、中空構造ではないタイプでしょうか?

    • 相太 より:

      まっしんはやぶささん
      ポリカは中空構造のものです。実際にポリカ表面はガラス面よりずっと温度が高いので
      多少は保温性が上がっても良いかと思ったのですが・・・・
      私もこの結果には本当驚きました!ポリカ2重窓を全部の窓に設置してみるか、
      スタイロフォームなどの断熱材をはめ込んでみるかと考えてはいるのですが、
      寒さも和らいできているのでチャレンジは来年になるかもしれません。(笑)