買って判った!平塚・横浜で土地を買うのにお勧めな不動産屋を紹介!

土地の売買契約手続きを進めていくにあたり、土地の詳細な情報と住宅ローンの準備と色々調べなくてはなりません。そこで安心できる対応して頂いたのがトゥルーライフ(TrueLife)店長M井さんでした!

神奈川で土地を買うならぜひお勧めしたいのがトゥルーライフです。

スポンサーリンク

なんでもやっちゃう不動産屋がトゥルーライフ?(笑)

fffg

相太達が見つけた上記土地は相鉄線で東急・JR直通することによって今後便利になる駅予定から約5分の素晴らしい立地なところです。しかし土地申し込みを行う時点で隣地に擁壁があることなど家を建てる上で影響がありそうな部分もあるようです。その辺を把握しておかないと家にかけられる費用も変わってくるので情報収集は大切です!

不動産屋ってそんなことまで調べるの?

トゥルーライフM井さんは土地の申し込み前から土地の状況を現地に行って写真を撮っていたり、法務局や市役所などから調べた情報を説明して頂きました。また、土地に関する情報(地盤情報・洪水地域に入るかなど)、隣地に擁壁がある場合の建築条件などの資料をマーキングして私たちにわかりやすい状態で渡して頂きました。その資料の量が膨大で、週刊誌の厚み位あったので全部目を通すのが大変なくらい(笑)

調べて頂いた内容は必ずしも私達買主にプラスになるわけでもないこともあったりして、不安な部分も出てきましたが、その辺りは無理に売りに急ぐわけでなく、公平に情報を提示頂いたと思います。

また、登記簿の元の情報の実測図は30年以上前に作成されたもので、現状正確ではない事。土地購入希望者が現れて売れそうな事が判ってから売主負担で測量をし、その内容から土地引き渡しとなるとのことでした。

他の不動産屋さんはどうなのか私は判りませんが、土地に汚水槽が埋まっていないか地面に敷いてあるコンクリ蓋を開けて確かめてもらっていたり、水道が隣地と共同使用している事など、こちらから聞かなくても事前に準備して調査してもらい情報を出してもらえるのは本当好感が持てました!

住宅ローンは誰に相談すればよい?

家探しを始めて住宅ローンはいくら借りられるか等の相談に乗ってくれるのは大体FP(ファイナンシャルプランナー)だと思います。どの程度のお金を住宅ローンで借りられるか紹介してくれ たりするのですが、FPの場合大体その後に保険のセールスが入ってきます。しかもFPの提示するライフプラン表は正直いまひとつ。そりゃそうです。本音は保険を売りたいのですから、ライフプランの詳細まで内容を詰めたりしないですから。

自分の経験ではFPのいくら借りても大丈夫なのかという言葉は参考程度でした。ライフプランは自分たちが一番よく知っているので、いくら借りるかの判断は自分自身が行うほうが良いかと思いました!

ひとまず横浜銀行に仮審査

M井さんからはひとまず住宅ローンの審査が通るか仮審査を受けてみようと提案がありました。私達は変動金利が魅力的なネット銀行を検討していたのですが、トゥルーライフで実績が沢山あり、銀行のやり方もよく判っている横浜銀行で審査してみようとのことです。

ネット銀行より金利は良くはないですが、ネット銀行よりも大手地方銀行は安心だし、ひとまず仮審査をするのは了承し、他にネット銀行と金額面を比較して検討してみたいとお伝えしました。そこで実際どこがお得なのかM井さんにストレートに聞いてみると・・・。

どこが得かなどお金に関する比較、提案は基本していないんですよ。でも今までの経験からご相談には乗れますので気軽に聞いてくださいね

そりゃそうです。住宅ローンは借りる金額や職種など条件によってなにが自分達にあっているか変わるし、例えお勧めの住宅ローンを紹介したところで住宅ローン取り扱い会社会社からマージンが入るわけでもないし、どのローンを組もうが不動産屋には関係が無い事。不動産屋の立場からすれば買主がローンの審査をスムーズに通り、融資を受け問題なく契約してくれればよいはずです。

でもその辺M井さんの対応は流石でした。

住宅ローンもM井さんがいると安心!

M井さんは住宅ローンをどこが良いかという紹介、売込みではなく、私達が検討している住宅ローンの保証料や事務手数料など判らないところを第三者の目線で的確にアドバイスして頂けました。これは本当心強かった!最初は自分達でローン比較表を作っていたのですが、後半は司法書士への手数料など細かい部分は殆どM井さんがアドバイスしてもらえなければ私達では混乱して訳判りませんでした(笑)

実際に土地の売買を何度も経験し、買主がどうやって住宅ローンを組んでいるか見てきている経験豊富な不動産屋さん実は頼りになります!

あ、あくまでアドバイスですからね!基本は自分で調べないと駄目ですからね~!これを読んで住宅ローンをなんでもやってくれると思っては行けません!

不動産屋はどこでも良いわけではない!

土地を売買する際に不動産屋とは必ず関わります。土地や戸建て、マンションは所有権など専門知識がないとよく判らない部分が多いのです。そこは頼りになる担当者さんに当たるかで今後のトラブルなどを回避することが出来ると思います。

大手不動産だから安心は間違い!

私達が購入した土地は売主側が関東で大手の不動産屋で私達買主側がトゥルーライフの共同仲介でした。しかし、最大手の某不動産屋の対応がダメダメで私達は本当苦労しました。

実は隣地との境界部分に工作物があり、その処理を売主側が解決すると提案があったのですが、その大手不動産屋は隣地の方への説明を詳細に行わなかったおかげで土地の近隣住民から怒りを買い、その大手不動産の担当者が住民に説明に行っても怒鳴られるような状況に陥りました・・・。

らちが明かなくなり、大手不動産屋は越境問題を放置・・・。

結局はM井さんや私達が尻拭いをする羽目になりました。

今回は相手の大手不動産担当者の調整ミスだと思うのですが、境界部分は説明の仕方を失敗すると本当大変です。

トゥルーライフのM井さんが土地の調査・近隣への各種調整を何度も行っていただいたおかげで越境問題も解決し、最終的には揉めてた近隣の方とは普段の挨拶やお土産の交換など普通に交流できる仲になりました。

頼れる不動産屋はトゥルーライフでした!

土地の売買なんて人生で1回経験するかしないかです。皆さん素人なわけです。何千万も高額な取引する場合は頼れる不動産屋がいるかいないかで絶対違うと思うんです。土地を購入するのに仲介手数料ってなんで払わなきゃいけないんだと正直思っていましたが、M井さんの対応は仲介手数料の上限である土地価格の3.24%+64,800円を払っても納得できる対応だと思います。

実際にはトゥルーライフで仲介してもらえれば他の不動産屋より安くなると思います。私達の場合は仲介手数料は下記でした。

  1. アコルデで建てる場合: 仲介手数料10万円
  2. 建設会社をアコルデ以外で建てる場合:仲介手数料約50万円

私達はアコルデで建てたので約10万円。土地の境界部分で揉めたりしているのでM井さんの対応は仲介手数料以上に人件費がかかっていると思います・・・。

何度もメール交換したり、私もM井さんも普段の仕事が終わった22時過ぎに問題解決の為の書類交換など、今思い出すと大変な思いをしました。

そんな状況なのに手を抜くことなく、忙しい中でも対応して頂いたのが有難かったです。

トゥルーライフは基本的には藤沢・湘南地区を中心に土地やマンション・戸建てなどの不動産業を行っていますが、神奈川県でも藤沢から1時間圏内位であれば取り扱ってもらえるかもしれません。もし購入したい土地を神奈川で見つけたら、トゥルーライフに仲介してもらうのも選択肢に入れるといいかもしれませんよ!まずは電話で相談してみるのが良いかもしれません。

近場や大手の不動産屋が良いとは必ずしも言えません。当たり前の事を確実に行ってくれる不動産屋を選ぶ方がきっと後悔しませんから。

なんだか推し過ぎて嘘くさくなってますが(笑)、本当お勧めです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク